即効性もあり持続する?ラシックスの作用

ラシックス,効果時間,持続時間

 

ラシックスを病院で治療として使用する場合には、注射薬で使用するので、5分くらいで薬の効き目が表れる即効性があります。

 

美容やむくみのために摂取する場合は、内服であることがほとんどです。内服の場合は、飲んでから薬が解けて代謝をされるまで時間がかかるので、効果が出てくるまでに30分から1時間程度かかります。

 

即効性はありませんが、一度薬が効いてくると、どんどんその作用が現れる為、排尿量はとても多くなります。

 

またその時間がどのくらい続くのでしょうか。飲んでから血中濃度が一番高くなり、その後血中濃度は下がっていくのですが、効果時間は6時間です。

 

6時間続くというこはと、もしも夜寝る前に薬を飲んでしまうと、夜中に排尿が多くなるということ。睡眠不足にもなりかねませんので、寝る前の服用は避けた方がいいのです。

 

ラシックス,効果時間,持続時間

 

基本的なラシックスの飲み方は、午前中に飲むことです。特に仕事や学校があると支障があるので、休みに飲むと良いですね。

 

またむくみがあるという場合、基本的には、夕方に疲労がたまるし、血液は重力にしたがって足に向かって降りてくるために、夕方が一番ひどくなります。

 

そのむくみを避けるためには、午前中に飲んで、少しずつ排尿をして身体の水分量を減らし、夕方にむくみがないようにするといいのです。

 

また夕方になると身体の水分は少なくなっているために、体はカリウムが不足しがちです。そのため、夜の食事ではダイエットも兼ねて、カリウムを含んだ物を摂取すると効果的です。

 

例えば、バナナ、きゅうりなどは火など通さなくても摂取できますし、カロリーも高くないので、ダイエット中の方にはおすすめです。

 

また塩分の多い食事は、水分をため込んでしまう傾向があるので、ダイエット中の夕食には、塩分が少ないものがおすすめです。

 

ラシックスを飲む時には、体から水分が出ていく分、脱水にならないように水分補給の大切です。

 

そのためにとり過ぎはまた余分な水分をため込む原因になりますが、必要な水分は体のために取る必要があります。

 

ラシックスを安く通販

ラシックス,効果時間,持続時間

 

ラシックスTOPへ